最新情報

防水機能について

腕時計の防水性能には複数のタイプがあり、必ず防水性能を確認して取り扱いには注意してください。メーカーが指定している防水の限度を超えると故障の原因になります。
「気圧防水」とはダイビングをしない一般用防水で使用する表現です。例えば20気圧防水であれば、水仕事・水泳、ヨットなどにお使いいただけます。水深の深いダイビングを行う場合は潜水用防水(スキューバ潜水)や飽和潜水用防水タイプのものをお選びください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です